Sun.

月が、綺麗です。

 
P2152437_convert_20180218213627.jpg

「ですね」って言うのはやめときます。
変な意味になってしまうらしいので。
そして月なんていうものはまったく見えなかったのですが
代わりになるかと思って。
街明かりはほっとします。
その街明かりも雪でけぶってよく言えば幻想的です。
小樽までは予算、時間の都合上やはり難しく函館まで。
でも来れてよかったと思います。
左は函館港、右は津軽海峡。
そうそう、これも本当は旅先のホテルかなんかで書きたかったんだけど
このあと食べたスープカレーにあたってそれどころじゃなかったんです。
部屋帰ってからユニットバスで1時間くらいゲロ吐いてた。
で、おさまったので大浴場行って温まって寝て
6時頃起きたらまたゲロ
もう胃酸の味すらないうすーいやつを。
そんで2度寝して8時過ぎに起きてホテルの朝食食べて(これは収まった)
チェックアウトしてその後は元気に観光できました
そんなわけで今書いてるのは帰ってきてから自宅にて。
幸せでした。
旅というのはいいものです。
またいつかね☆
22:53 | 日記らしき物体 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

夫入院

今日、夫が入院した。
と言ってもこの入院は半年以上も前から決まっていたもので緊急な怪我とか病気とかそういうのではない、ここに書くのも可哀想で憚られるんだが、痔の手術だ。

夫が入院したら、一時的に独身貴族生活を謳歌出来るなんてことも、主婦に向いてない私はこっそり思っていた。
誰にも気を使わない生活。好きな時間に起き、好きなものを適当に食べ、好きなようにダラダラと1日を過ごし、夕飯はコンビニかインスタントで済ませる。必然的に食器の片付けも最小限だ。ジャンクフードって、時々無性に食べまくりたくなる。中毒性があるんだろうが健康に悪いことを知っていて食べる背徳の味がする。
妊娠しているのに!と言われるかもしれないが普段気を使っている分たまにはいいんじゃないかと思う。そんなことでストレスを貯めたらそれこそ良くない。
で、今日は入院日ということで夕方まで付き添っていて、1人で帰って来たら思ったより疲れてる。
案の定帰りにコンビニに寄って買い溜め。といってもこの時点ではあまり食欲はなく会計1500円くらい。コンビニって毎回会計でびっくりするが1000円2000円なんかあっという間だ。ここだけ物価が違う国みたいだ。
健康に悪い飯を食べてデザート×2も食べて貴乃花の単独インタビューを観ながら眠くなって寝てしまい、やっとの事で頑張って起きるとテレビはいつの間に相棒をやっている。そうですねぇと水谷豊。
それから気合いで起きあがり風呂を洗いお湯を張り少ない食器を洗い病院から持ち帰った荷物を片付ける。
そうこうしてるうちに風呂が湧き、入る。
独身貴族生活、と思っていたが想像以上にやることが多くて正直げんなりしてる。
自分個人の用事も溜まっているけれど今日はもう疲れて出来ない。
寝た方がいい。
と言いながらブログ更新はする。パソコンの部屋には寒くて居られないので携帯で布団の中から更新。長年(?)ブログやってるとどんなにやらなきゃいけない事が溜まっている時でもそれら全部後回しでブログ書いて身辺(心辺)を整理しないと動けなくなる時が一定周期でやってくる。私にとってブログとはそういう存在。助かってんだかジャマされてんだか
明日は6時に起きて病院に行かないと。
手術の前に会っておきたい。
今夜も不安だろうな。眠れてるかな。病室は快適とはほど遠かった。
明日はおそらく1日中病院だから、明日も溜まってる自分のことは出来ない。
タスクの処理がすごい苦手だ。
どんどん溜まってってしまう。
なにをそんなに疲れているの、と言われるかもしれない。
わからない。ただ疲れる。
これで仕事やってたらと思うとぞっとする。
そう、一月末で仕事辞めた。そこら辺もちゃんと改めて書きたいんだけど今日は無理。
仕事もしてないのに毎日忙しい。
ほんとに忙しいというよりは、ただゆとりを感じられてないだけだとは思う。

風呂から上がった。
一人だなあ、と思う。この家に一人。
しーんとしてる。わるくない。
やらなきゃいけない事は一旦忘れよう。
お腹がここ何日かでまた大きくなった。一人じゃなかったことを思い出す。
風呂上がりに時間のある時は妊娠線クリームを塗っているんだけどたまにクリームでお腹に赤ちゃんの絵を描いたりして遊んでいる。自分で言うのもなんだけどクリームの固さがちょうど良くてアーティスティックに描けるので楽しい。なにより可愛い。
オムライスにケチャップで絵を描く時のふふふっていう感じ。
この家に2人だけ。なんだか可笑しい
君がいるから生きていける。
やっと寝れる。


01:07 | 日記らしき物体 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

置き手紙

ぽんちゃんへ

母さん仕事です
焼きそば途中まで作ってあるから
フライパンで少し炒めて味付けて食べてね
皆既月食だって
デザートに残しといてね
帰ったら
お月さん食べようね
22:26 | 漂流ビン | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

今日は今日しか

今日は今日しかないんだよ
今日と言ったら今日なんだ
昨日でもない
明日でもない
今日という1日
昨日もない
明日もない
今日という日にゃ
今日が最後
後悔だけはするなよな
08:50 | 日記らしき物体 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

精神が弱い

怖い夢を見た。
満員電車。突然、見たこともないようなよく分からない化け物が発生して乗客を食い散らかす。
パニックに陥る車内。
血飛沫がビチャっとシートに飛ぶ。吊革に、広告に、平和なはずの朝の窓ガラスに。

そんな夢で起きたら仕事に行く気など全く失せてしまった。というより、電車に乗って行く気が、だ。
そう、私はこの所朝の通勤電車に乗るのが苦痛でしょうがない。
満員電車まではいかないんだけど、座れずに立ってる人が結構いるといった混み具合。その乗客の大半、90%は高校生だ。沿線にある高校の始業時間に丁度いいようにわざわざ運行している便だ。その証拠にこの便は休日運休となっている。
その意味で「通学」電車と呼んで差し支えないかもしれない。私にとっては通勤だが。

桐原駅に着くと私服を着た若者が大勢降りていくので車内の混雑状況は一旦マシになる。桐原駅はY高校の最寄駅。
Y高校は、県内では割と偏差値高めの私服校で、私も中学の時分などは自宅から歩いて3分だという理由でこの学校を第一志望としていた高校である。頭の足りない関係でもう少し遠い学校を受験することになったが(笑)

桐原駅を過ぎ、信濃吉田、朝陽、附属中学前、と電車が進んでいくにつれ、ちょっと特徴的な制服の高校生が増えていく。SS高校だ。
SS高校というが学力ランクはSSではない。むしろ残念ながらFという感じ。私は学力と自制心に相関関係があると信じているほうでもないがSS高校の生徒はY高校よりやかましい、と思う。体調の悪い時などいい加減にしろ!と思うくらいまーやかましい。一部生徒が不必要に大声で喋っている会話の内容も程度が低いなと思う。自分が高校生だった時だって、今だって、全然人の事言えないけど。でも制服可愛い。
で、終点。この路線は湯田中まで行く便もあるけれどこの便は須坂止まり。この駅はSS高校の最寄駅であるからだ。

スクールトレイン。学生の中に紛れ込みながら改札を抜ける。階段の行列は一面埋め尽くされていて全校集会のあの感じを思い出す。もう二度と戻れない高校時代。もう二度と、絶対に、金輪際戻りたくない高校時代。

具合がわるいので休みますと電話した。
精神の具合が悪いのです。こんなのは甘えだ。精神の具合が悪いのは精神が弱いということに他ならない。あと数えるだけしかなくなった出勤日をしっかり勤めようと決めていたのに。こんなことで揺れる。
やっぱり仕事そのものよりも朝の電車が憂鬱だ。
17:47 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

妊娠しています。

「妊娠しました。」じゃなく「妊娠しています。」という書き出しではじめたのは、「しました」と報告するにはあまりに長い時間を費やしてしまったから。お久う御座います。ぽんアイスです。
ブログを書くなんていう熱を失ってしまったわけじゃない。
妊娠が発覚して、仮にも母親の立場になったいま、ただ、何から書けばいいのかわからなかった。
それは、私が精神疾患を持った人間が、親になるということ、子供をつくることに対して少なからず否定的立場だったからです。ここで突然ですます調になってしまうのは多分、恐縮しているのでしょう。このブログにもそんな思想みたいなものを何度か書いたことがある。
背景としては、私の父がおそらく精神疾患を患っていたときいていること、当の本人は私を捨てた後19年後に死んだ。父がおかしくなったのは私が産まれてからだと母は言った。その母も当時の事を引き摺ってか精神不安定だった時期が何回かある。
その事により、自分も父の様になるのではないか、という不安が大きかった。今もそれはある。

そういう不安や懸念がありつつ避妊しなかったのは自己管理が甘かったというほかないし、ブログにそういうネガティブな意見を書きながら言ってることとやってる事が違うじゃないかと指摘されても仕方ない。
このところ更新に消極的だったのは無責任な人間だなと思われることを恐れていたんだと思う。こうやってブログで報告した以上何を言われてもそれは覚悟だ。
12月の初めに妊娠がわかって、このままブログを続けていいのか幾分迷った。
迷いながら書いた。一カ月と半分でたった4個。このままフェードアウトかな、と思う事もあった。
なにしろ非常にネガティブかつ、言いたい事を言い放題書き散らかしているこの寒天かんづめというブログだ。赤ちゃんがお腹の中にいるってことで少し保守的になったかもしれない。それは全然わるい事ではないけれど。確かにこのブログとは相性悪い。

って書いてたらこんなふうに暗い文章になってしまっているけど。

妊娠がわかったときは喜びしかなかったよ。
口では色々理由を付けて本当は子供が欲しかったのかもしれない。エゴ以外ないし開き直り以外ないけど。
エコー写真のしっぽが生えたアヒルみたいな赤ちゃん愛おしさ以外感じなかった。
その後定期的に不安になったりは相変わらずあるけどなんとか持ち直し持ち直しポジティブに向くようにやっている日々です。
子供を授かったことで初めて見えてきたことや体験もあって、それらを今迄私が書いてきたこと達と同じようにここに書き残していきたい。やっと書けた。
00:17 | 思った事 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

なんでか

きっかけとかないんだけど急にふと
帰省の新幹線の中で思い出した
誰かが最後にくれた言葉
私がたしかにもらった言葉
「これから楽しい事いっぱいあるよ」って
一点の曇りもなく信じてるって顔で
彼女は言った
そんなわけない
「そんなわけない」ってあの時も
今もずっとそう思って俯き続けている
彼女の名前はなんだっけ
トンネルに入る
黒くなった窓ガラスに映る青い顔
思い出せないほとんどの記憶
あの言葉だけ白い光のよう
真っ暗闇駆け抜ける

そうなのかなあ?

今じゃ貴女の名前も思い出せない
あるとは思えない
到底思えないこの状況下
全く思えないこの思考低下
私がたしかにもらった言葉
この言葉はすでに私のもの
その先に手をのばせ
あけましておめでとう
23:08 | | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

Distracted

最近久々に聴いたら嵌ってこればっかリピートしてるwなんて言ってんだこの野郎と思って訳してみたよっ 
Sean SpillaneのDistractedって曲です。
『The Woman』という映画の挿入歌にも使われており、なかでもひと際輝きを放つこの一曲。大事な場面で流れます。この貼った動画の最後にもでてくるシーンなんだけど、長女が体育の授業を休んでて(衝撃の理由は後で判明する)倒れながらも視界に捉えている同級生達がキャッキャしてる青春っぽい映像が傾いていくっていう表現がほんとに好き。

『The Woman』、映画自体はとてもなんというか完全に家庭崩壊というか予想の斜め上を行くド変態マジ基地展開閲覧注意。皮肉なのかこの舞台となる糞親父率いる一家の異常さに、このSean Spillane提供の牧歌的かつ爽やかすぎる曲とのアンバランス感が心地よかった。ネタバレになるかもしれないけどタイトルの意味するところで最後はちゃんと救われるのでとてもよかった。私の個人的好きな映画上位2位に入る。

Distractedは、もう、ボーカルのただただ素直な声。魂込めて歌ってんだろうなってのがひしひし伝わる。あとカントリーなギターと対照的なベースの重さ、跳ねてるけど泣けるピアノ。
訳してみたらいい歌詞過ぎてさらに泣けてきた(ΩДΩ) 以下原曲歌詞と和訳です。



"When you're on your own and no one seems to care at all,
I'll just leave you with a choice.
You can pack it in or try it from another angle,
all you need is your voice.

君は自分の足で立っていて、ぜんぜん誰も気にも留めないみたい
僕なら離れる事選ぶだけだ
蓋をしちゃうのも良いし、違う角度からやってみるってこともできる
大事なのはすべて君自身の声なんだよ

'Cos the world is so dark, but there's light deep inside you,
we all have been hurt, we all have alot to distract us before we know,
we're distracted and so it goes.

世界がまっくらだから、けれど君の心の奥深くには光がある, そうだろ
僕らはキズモノになっちゃった 
みんな発狂させられるような代物に埋もれて それと気づくまえにはもう
僕らは散漫で、流されるままに

We're all adrift on upon this planet spinning around the sun,
years ago i thought we were fucked.
now i got a gun got target practice noon at one,
yeah i'm havin' a lot more fun.

僕らみんなこの太陽の周りをぐるぐる廻るだけの星を漂流してる
最後に君とヤッたのは何年前?
銃を持ち出してきて真昼間から射撃練習
ああ こっちのがずっと楽しいさ

We get the gist of things that no one has the time to dig,
stories no one wants to hear.
Now the consequence of actions and incompetence,
shows that is is worser than we feared.

僕らモノゴトの要旨だけ掴めば掘り下げる時間なんて誰も持っちゃいない
誰も聴きたくない物語
今や行動してヘタレてって結果ばかり
恐れてたより悪いってことさ

'Cos the world is so dark, but there's light deep inside you,
we all have been hurt, we all have alot to distract us before we know,
we're distracted and so it goes.

世界がまっくらだから、けれど君の心の奥深くには光がある, そうだろ
僕らはキズモノになっちゃった 
みんな発狂させられるような代物に埋もれて それと気づくまえにはもう
僕らは散漫で、流されるままに

'Cos the world is so dark, but there's light deep inside you,
we all have been hurt, we all have alot to distract us before we know,
we're distracted and so it goes.
Distracted us before we know, we're distracted and so it goes."

世界がまっくらだから、けれど君の心の奥深くには光がある, そうだろ
僕らはキズモノになっちゃった 
みんな発狂させられるような代物に埋もれて それと気づくまえにはもう
僕らは散漫で、流されるままに
発狂させられて それと気づくまえにはもう
僕らは散漫で、流されるままに
00:04 | いろいろ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑