Sun.

眠れないの?

寝れないの?

こんな時間にこんな僻地に来てるなんてさ

眠れないの?お腹いたいの?

さむいの?



02:03 | 携帯から | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

もう何もできないし、何にもなれない。

早くも、2017年の目標を達成した。
ハーフマラソン完走するという目標。

それが達成されたいま、鬱鬱としている。
ゴールをくぐった瞬間からずっと、鬱屈した気分だ。いや、思えばぞろぞろとスタートの列に並んだくらいから何かおかしかった。走っている間は、走ることで気が紛れていたのかもしれない。

もちろん、大会自体は素晴らしい大会だった。私の精神がポンコツなだけだ。
だから、大会やマラソンという運動自体を否定するつもりは毛頭ない。ということを書いておきたい。
マラソンを走り終えた後とは信じ難い、読後感というのか走後感というべきか、とにかく後味の悪い、爽快とは程遠い記事になる予定であるので、といってえぐい表現も衝撃的事実もなにもないただの長ったらしい文章を、お読みいただける方は自己責任で。というのも付け加えておきたい。

前の仕事やめたのが去年の9月
10月からスロージョギングというのを始める。
今回の大会に出ようと決めたのは暮れ頃だったと思う。
それで、年明けに冒頭でリンク貼った記事を新年の目標として書いて。
それからちょこちょこ時間のある時や、気分転換したい時に走った。
ハーフと同じ距離を初めて走ってみたのはつい二週間くらい前、といっても休憩や徒歩入れて。


冒頭の記事。
「灰」などという単語が出てきて、それはその時にたまたまどんど焼きがやっていたからだったが、改めて予言みたいな呪いみたいな記事だ。今、燃え尽き症候群になってるのを言い当てられたような気分だ。
私は、見透かしていたのかもしれない。
私は、私の逃げを。
目の前に、山があってどんな景色が見れるかなとそれを超えてみたら、なにもなかった。見渡すかぎり氷原だった。
マラソン以外他はどうでもいいやと書いてある。「友達」「人間関係」「病気」どうでもいいと。本当はこれらから目を背けたかっただけじゃないのか。
鬱の根底。
どうしようもない問題がごろごろと転がっている殺風景にどうしていいかわからない。
途方に暮れる。
動くのすら怖くて凍え死にそうだ。
氷原とか阿呆か。RPGでもやった気になっているのか。
とにかくもうなにも遮るものが無い。問題を直視せざるを得ない。

ここにくるまでに解決したものもあるにはある。
それはただ、21.0975km2時間50分37秒の道程じゃない。その前に走ってきた距離、合計何キロか知らないが9カ月の時間を要した。勿論毎日24時間走ってた訳ではない。
その間に、「どうでもいい」と言っていた「再就職」、この問題はわりとこれまたどうでもいいような経緯で解決された。受身形である。
いまのところ、新しい仕事は順調に見える。けれど、職場の「人間関係」に飽きもせず悩んでもいるし、まだ一人立ちもしてないので大変なのはこれからに違いない。絶えずこわい。

そして、今後だ。「自分の人生を組み立てられない。」という一文。
これが最大の問題だ。
もうちょっとスケールを小さくするなら、パートのシフトをどうするのか。
人手不足だから、よっぽどあなた要らないと言われない限り、シフトを減らして貰うことより増やすほうが遥かに簡単だ。
そう思って、面接時に週3日の6時間勤務でと言った。多分、これは賢明な選択だったと思う。
もうぶっちゃけ、給料なんてあってないような額だ。これも、「いまはまだ」それでいいと思っている。
が、最近は、他のスタッフが身を粉にして働きながら、しかも家の事やプライベートも完璧にこなしている様子が嫌でも目に入るので、地に足がついていない自分が恥かしくなることがある。
人は人、自分は自分で、いいのだけれど、私にはそう言って貫ける程の強さがあるんだろうか。ないな、と。
この仕事一本に絞って頑張りたいような気もするし、他に色々掛け持ちして見聞を広げたいような心持もする。そうやってフワフワ何も決められないまま、結局中途半端な人間で終わるような気がしてならない。非常に不安だ。それはそれで或る意味一番私らしいのかもしれないが。又、フルで働かないということは、実際的な問題として雇用保険、税金なども考えなくてはいけなくなる。

タイトルに戻る。
何事も成せる気がしないし、自分は○〇だって、胸を張って言える日なんて一生来ないのではないか。
そんな思いで一杯だ。失敬、堅苦しい文章で、終始だからなんだというのをほざき散らし、鬱々として終わる。
02:12 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

Nothing else,

Just remember to fall in love,
there's nothing else,


03:15 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

ひつじの数えかた

ひじきでも鉄人でもいいけど
あれで寝れた試しが無い
02:10 | 携帯から | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

夢をもっているひとは、どうしてあんなに素敵に見えるのかなあ。

夫が大好きな狩猟関係の飲み会で午前様で帰ってきてすぐ寝るかと思いきや、これまた大好きな読書をおっぱじめて自分の部屋で読んでくれればいいものを寝室と間続きのリビングで読むもんだから明かりがもれてきて、そんなことで私はまたイライラして
そのうち眠れなくなって、ベッドにいるのがただただ苦痛で、「眠れないの?」なんて言われたけど、内心、(お前だよ、眠れないの?って。お前がまじなんなの)と思いながら、また酷い事を口走ってしまうのがいやだから、無言で家を出て、

深夜の街をふらつく。

県下最大(笑)の歓楽街だけあって、また、土曜日だった日曜日のAM1時というタイミングもあって喧騒に塗れている。
千鳥足の団体や、バス停で寝る人、スパンコールのおねいさん。夜、活動する人は沢山いる。コンビニも街灯もネオンもひっきりなしの車も、眩しいくらい昼間よりずっと明るいと感じる。
この時間はとくにタクシーの往来が激しい。
以前から思っていたけど、なんで、タクシーの運転マナーってあんなに悪いかね。急ブレーキ急ハンドル、通学路で60km出すわ、碌に後ろもみないでバックで急発進するわ、無理な割り込みに、車線はみ出し、挙句の果て逆走。ほんとに2種免許受かっとんのか?ああん?て感じ。逆に運転に対して過信があるから、ああなっちゃうのかな。歩行者の分際で道歩いてんじゃねエよって勢いの悪意を感じる。タクシーの客は歩行者なのにね?
トラックとか、企業の車はさ、看板背負ってるだけあって思いやりがあるドライバーさんだなって思う事が多いけど、タクシーだけは何故かそうならない不思議。

そんなやかましい区域も400メートルも行けば中心街を外れて夜本来の静けさを取り戻していく。
前回、真夜中に出歩いたのは真冬だった。雪の積もるおとが聞えるくらいの静けさだった。
いくら住宅街の中まで入ろうと、冬に比べればやっぱり、夏の夜ってのはうるさいのだ。
あの時ほどではないにしろ、それでも求めてた静寂にほっとしてそのまま足を進める。
前の職場に向かってる。
なんでかはわからない。が、足が勝手に歩いてる。
何度となく歩いた道。そのうちの9割の日は重い気分や悲しさと一緒だった気がするが、それは今から過去を振り返ってるからであって、実際は半々くらいだったのかもしれない。まあ、そんなことどうでもいい。私はこの会社を辞めた。そして今は、辞めてよかったと心底思っている。それ以上にあんな仕事でもやっておいてよかったと思っている。
元会社の前までくると、やっぱり懐かしい。
電気が灯っていて、今日泊りがあるのがわかる。駐車場に黒のヴィッツがとまっている。泊まってと書こうか停まってと書こうか迷ったけど、とまっている。だから今日の夜勤はTさんだってわかる。Tさん、あの職場で唯一男性で、ぽっちゃりおっとり優しい育メン。笑。私はもうTさんのフルネームも、思い出せなくなっていた。

夜勤一人かあ。。。改めて、しんどいことやってたなって、思う。
小規模多機能で利用者6人の夜勤者1人 と
特養で利用者50人の夜勤者3人
後者なら単純計算で一人当たり16.6人をみなきゃいけなくって大変なわけだけど、それでも精神的重圧は圧倒的に前者だと思う。ひとりって、ほんとに不安だし、心細いし、こわいよな。
ま、特養で日勤しかやったことないけど(やったこともないのにすみません、ほんと一概に言えないけどただの個人的想像です)。

うーん。。
書く事終わっちゃいましたねえ。寝れるかなあ。今から。

03:41 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

がんばるな?

「がんばるな」っていうけどさ。
鬱病のひとに「頑張れ」って言っちゃいけないってさ。そしてそれを吹聴しているのは十中八九心身ともに健康な奴だ。
「がんばるな」?
じゃあ死ネってこと?この社会のシステムに於いて頑張らないことは死ぬことと同義なんですけど!
ふざけんじゃないよ頑張らなきゃ生きていけないんだよ!!!?裏切り者が居るので。ナメてんのか?こんな窮屈な社会で弱者がどうしてがんばらないで衣食住満たして死なないでいることが可能だっていうんだ

ん?

果たしてそうか?では僕は一体何をがんばっているというんだろう。
僕の自信と期待を裏切り続けているのは僕じゃないのか?癌細胞のような僕。
大体最初のほうで社会のシステムが~とか書き散らしているけどそれは今に始まったことじゃない。そのスーツ脱いでスマホ捨てて草むらに飛び込んでみな?自然界のほうがよほど熾烈だっつの。
僕ががんばりたくないのを社会のせいにしているのか。
社会ががんばりたくないので責任を僕に押しつけているのか。

似た者同士でわらっちゃう。めんどくせえ奴だな、日本と共に野垂れ死の。
まあとにもかくにもあれだよね、がんばるななんて頑張っていない奴だからこそ言えること
じゃあ君は濁流に溺れているひとに向かって安全な対岸からおーい頑張るな!とゆーのか?!
お~い頑張るな~!
お~い頑張るな~!
頑張るなよ!
無責任な言葉。
必死に藁をも喰らいついて居なけりゃ溺れないですらいられないよ
いやでもがんばらんければ生きていけないじゃないか<僕たちは>。

15:58 | 漂流ビン | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

睡る君をみていると

疲れた・・・。
家事、仕事、勉強。何もかも投げ出したい・・・。

すつかり居なくなつてしまひたひ

睡る君をみていると
朝4時に起きて仕事に行く君
夜9時に帰ってきてベッドに倒れる君
蛋白質ばかり摂りたがる君
箸も皿もチューハイの缶も飲みかけで置きっぱなし
でも寝転んで読書だけは欠かさない君
スマホだけは寝転がってる君
そのうち寝ちゃってる
風呂は入らないことが多い
だらしのない男

リビングと寝室が間続きになっているんですね。
だからキッチンで明日の弁当作ってても米研いでても揚げ油の後処理してても洗い物しててもシンク洗ってても帰ってきてからずーーっとずうっとその調子でカウンターから視界に入ってきてうざい ダラダラダラダラゴロゴロゴロゴロ
うざいうざいうざい
それだけぼろぼろになるまで働いているって、労ってあげなきゃって頭はあるけど、足がない手がないもう私も手いっぱいなのですよ。
ぼろぼろになるまで働いてくれって、誰も頼んでないの。あなたの、会社はそうかもしんないけど
お金いっぱい稼いでねって、頼んでない。
それはあなたの自己満だ。
エゴです。
オナニーです。そういう社畜プレイなんじゃないですか。知らないけど。

睡る君をみていると
わたしたちはすれちがい生活です
会社の人にいい顔してるあなたが目に浮かぶの
其れの犠牲になってるのはいつだって、家族だ。子供であり、夫であり、妻だ。
私、自分で自分が犠牲になってるとか書いて被害者ぶりたくはないが、あくまで一般論としてそういう社会の構造は絶対あるんだということを何びとも肝に銘じておいた方がいいだろう。雇用者も労働者も自営業も兼業主婦も専業主婦も主夫もニートもボーイズもガールズも。
あなたは君には子育ては出来ないというけれど、
それは全く以てそのとおりで、っていうか二人暮らしのいまですらすでに家事一切を投げ出したくなっている状態で子供なんかいようものなら私は育児放棄する自信があるから、常々自分が子供を作ることは罪だと書いてきたけど、確かにそれもあるけど、そんなの言い訳で、

・・・単純に嫌なんだよね。嫌なの。自分とこに責任がくる存在をこれ以上増やすのは。

そういう身勝手な人間だから、子供を作る資格はないし、また要りもしない。こっちから願い下げだって思う。
話を戻すと、あなたは君には子育ては出来ないというけれど、そういう自分はどうなんだとね。
私はあなたみたいな父親だったら、子供は気の毒だなあと思います。
ぱぱは、いっしょうけんめいはたらいています。あさもひるもよるもずっとはたらいています。いえではいつもねてて、あそんでくれたりしないけれど、わたしもしょうらいはぱぱみたいにりっぱなはたらきものになりたいです。
とかって、作文に書かれちゃう可能性大なワーカホリック。
親として機能しない親なら親がいないほうがまし。だった。私は経験則に基づいてそう思ってる。
それともあれなのかな、子育ては母親が一人でやるもんだって、心の奥底で思っているから、安直に「君には子育てが出来ない」なんてんなこと言えちゃうのかね。君にできなきゃあんたフォローすればいいだろ。それをする気がハナからないからそういうことがいえるってこと。 ごめん、訂正。やる気がないから又はそんな環境がないから。
まあどっちでもいいけどね。子供つくらないから。

長く語っちゃいました。ただ、今の若い夫婦、またはカップルの中にはこういう風に考える人もいるんじゃないかっていう話です。

もうとにかく予定もない子育てがどうとか議論しだすほどには目の前のタスクから現実逃避したくなってるよわたしゃ。
家事仕事勉強その他何もかも投げ出したい
君を意識して食事を作りたくない
君が散らかしたゴミを片付けたくない
家事で時間とられて結局勉強も進まなかった。っていってるのも言い訳なのだろう
もっと時間ないなかで沢山こなしているひとはごまんといるわけで
私の仕事が遅いってだけ
だからよけい自分がいやになって
君にあてこんでる自分がもっといやになって
なにもかも放り出したいな
さっさとどこかに消えたいな
睡る君をみていると
睡る君をみていると



01:03 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

6/8血液検査結果 6/29頓服追加

6/8に診察でした。恒例の忘れた頃の診察記録(笑

前回また血液検査をやっていてその結果が出たので紙で貰ってきた。
今回は毎回やってる結果が溜まってきたので時系列レポートというかたちで一枚にまとめた紙も貰った。それをみると、一年に二回やってるね。うん、だと思った、まあ、そのへん、あやふやなんだけど。それだと次回9月あたりか。覚えておこ。
こうやって見ると、自分の血液の傾向がわかるねえ。素人ながらに。
例えば、私なら、中性脂肪は毎回低め。過去5回は基準値を下回ってる。まあ、低い分には良いんだろうけど。もう少し脂っこいもん食べてもよさそう。
あと、葉酸も毎回低めですねって言われるんだけど今回は3.1で初めて基準を下回った。これもあんまり考えると憂鬱になる問題で。高いにこしたことないってあたまでわかってるけど葉酸値を高めようと努力するってことが私にとっては罪悪の一部だ。そう思う。
あとCPKも低め。2013~14年なんか4回連続で基準値を下回ってて低い場合理由として、「長期臥床」が超心当たりあって当時笑ってたんだけど、今は最低ラインちょい上でうろうろしてる。
実は、逆にこの数値は「てんかん」で高くなるらしく。てんかんなんだけどね。笑 発作がないから。いいことだよ。
逆に毎回高いのはCL。
レベチラセタム(イーケプラの成分)は今回27.11で、よく効いているんじゃないでしょうか。
そんな感じの血ですね。

会計ではお金貰った。
前回3月4日に診察の時、あろうことか自立支援の受給者証の更新を忘れていて、3割払ってた。
領収書見ると、3割負担だとこんな額。
病院→5270円 (検査代込みなので一割としてもいつもより高め)
薬局→16070円www

で今回の診察薬代、受給者証を出して一割負担。
病院→720円
薬局→6840円

前回で3割頂いた分も受給者証更新されたので2割分を返金してくれるということで(済みませんでした)今回の額と差し引きで
病院→-2790円
薬局→-3870円 
貰った。なんか別にただ帰ってきただけだけどなんか得した気分になりました。

こういうことあると実感させられるよね。(自分が受給者証忘れただけなんだけど)
自立支援医療ってすんごいんだなあ。と
一番上の額、特に薬代、3割じゃほんと生活キツいって。
まあ私上限月額10000円で、毎回9000円代~7000代でギリ収まってなぜか損した気分になってるというね


この時の診察で不安になる事はないですっていったら、ホリゾン出して貰えなかった。
不安になること、そりゃあるけど、いちいちいってたらキリがないし、突き詰めていってしまえば誰だってそうだし、だいたい「その診察の時」の気分でいっちゃうなあ。
「その時」、気分が良ければずっとよかったような気がして「ない」って言うし、「その時」、気分悪ければ人生ずっと糞みたいな気分で「ある」って言う。私は「その時」が全て。全て左右される。じゃあ、この文をそのまま言ってもいいのかもしれないけど、またなんか精神疾患と診断されて薬増やされたくない。我慢したいってわがまま。
ここへはてんかんを直しに来てるんであって。全部その副症状と思いたいから、抗痙攣薬として出された催眠、抗不安効果もある頓服でだましだましやりたい。
感情を薬で抑えてしまうことに少し抵抗があるのかもね。逆に言えばそれほど困ってないから言える余裕さもある。

そこへこの診察の数日後、ブログにも書いているけど不眠やら多動やらの騒動が約5日続き在庫ゼロになっちゃった。
なんか、この薬はお守りみたいなところがあるから、飲まなかったとしても持ってるだけで飲む妄想で落ち着いてたりするから、ゼロは避けたい事態。
というので電話したら、診察なしで出してくれるということで木曜日に処方箋だけ貰いに行った。

先の診察の時に受付と口論になっていた男性の事を思いだした。
その人は30代くらいかなあ、口論と言ってもオラオラ系じゃなくてボク困ってるんですあの薬がないと夜も眠れなくて!助けて助けてってほとんどパニックに近くアピールが凄かったのを覚えている。
受付の看護師さんは宥めるように「診察してもらわないとお出しできないんです」
男性はなおも食い下がっている様子だったけど、看護師が「じゃあ、診察の予約を今日とって行かれてはいかがでしょう」的なことをいうとそれで手を打とう、という感じで語気もすこし落ち着いた様子だった。

私には診察なしで出してくれると言った。
薬の強さや、量によるんだろうし、一番はたぶんその人の状態をみてるんだろう。ODしないかとかね。
正直、診察があったら前の記事の内容を言おうか言うまいか、ま、言わないだろうな と思ってたから、診察が無くて助かった。
こっからお遊びの文章でえす。
私はまともだ。医者にはまともに見えてる。実際診察の2回目だっけかな、言ってくれた「あなたは普通ですよ」って。看護師にも受付にもまともに見えている。それならまともに違いない。だって「おかしい」人は自分で「おかしい」って自覚できないっていうじゃない。外からみた評価のことなのよ、所詮「まとも」ってのは。
他人が「まとも」って言えば「まとも」だよその人は。
何、得意げになってるのかな。面会なしで薬を貰えるぐらいの信用はあるの。いいじゃない。遊び文おわり。

たださ、あの人と自分に明確な線なんてない。いつああなるかわからない。寧ろ共感すらする。寧ろってなんて読むの?ねんごろだとおもってたけど違うらしい。誰か教えろ下さいまあいいや。

01:14 | てんかん | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑